意外にも漢のカツカレー「Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店」

Published:2017.01.19Last updated:2017.07.03

トルティーヤと呼ばれる小麦粉を薄く伸ばした生地にごはんや具材を巻いたメキシコ料理「ブリトー」と、日本のトンカツ、そして「米」を組み合わせた日本人向けの新しいファストフードを売り出す「まるかつ食堂」。

「そういうおしゃれ新しいのはちょっと……」と敬遠気味だったのですが、メニューを見ると「カツカレー」や「とんかつ定食」などの比較的馴染み深いものも。

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のメニュー

実は以前にも一度来たことがあってその時は女性の店員さんばかりだった気がするのですが、一新されたのかたまたまか、この時は男性の店員さんオンリーでした。

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のカウンター

注文してから2階の席に移動し、待つこと数分で出てきたカツカレー。
サラダとポタージュもセットで出てきます。

2017.07.02 追記
潰れてました。

黒いカツカレー

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のカツカレー

ルーが黒い!
味も思いの外本気で辛くて、ある程度辛いものが好きな人でないとつらい恐れが……注文時に辛さの調節とかできるのかな……。

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のトンカツ

カツは揚げたてのサックサクで、しっかりと歯ごたえのある硬めのカツ。うまい。

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のお冷

本気で辛いカレーとがっつりいただけるカツ。
総合的に見ると、意外にも、完全に男性向けなような気が……。

お冷はセルフサービスで、食後はセルフで食器を下げて帰るスタイルです。

Marukatsu shokudo(まるかつ食堂)吉祥寺店のロゴ

豚のロゴをあしらったコップが可愛い。

以上です。

最新の記事

お知らせ